アクター預かり所

概要
ル○ーダの酒場とかモンスターじいさんみたいな感じです。
初期設定をいじればレイアウトをそこそこ自由に変えられます。

ソート機能、除籍機能付き

更新履歴
ver1.00 (2011/12/18)
 公開

スクリーンショット

初期設定ファイルその1に該当


初期設定ファイルその2に該当

ダウンロード
⇒ ver1.00 (2011/12/18)
   初期設定ファイルその1その2(どちらか一つ)
   本体ファイル

  ※初期設定ファイルと本体ファイルの両方が必要です。
  ※初期設定ファイルを本体ファイルよりも前(上)に導入して下さい。
  ※分かりづらいのでサンプルを用意しました。

使い方
・入れ替え画面の呼び出し
 イベントコマンドのスクリプトで
 「SceneManager.call(Scene_MemberChange)」
 と記述します。
 

・初期設定
 初期設定ファイルを書き換えて下さい。
 システム面とレイアウト面の設定に分かれています。
 レイアウト面は書き替えなくても動きます。

・外部からソート変数にアクセス
 指定したソート変数はイベントコマンドで値を変更することが可能です。
 ソート機能をオフにしてる場合も利用可能です。
 ちなみに変数の値とソートの種類は
 初期設定中の「Sort_series」の配列で対応づけられます。
 例えば、
 Sort_series = [0,2,3,4,5,6] の場合
 変数の値:0 ⇒ 0:ID順
 変数の値:1 ⇒ 2:レベル順
 変数の値:2 ⇒ 3:最大HP順
 変数の値:3 ⇒ 4:最大MP順
 変数の値:4 ⇒ 5:攻撃力順
 変数の値:5 ⇒ 6:防御力順
 となります。
 変数の値を配列の要素数よりも大きくするとバグるかもです。

・除籍機能
 アクターを編成メニューから除外します。
 つまり、初期設定で指定した加入条件スイッチをオフにします。
 (アクターをパーティから外すのとは違います。)
 除籍機能は初期設定ファイルでON/OFFが可能です。特に必要なければOFFにして下さい。

モドル

inserted by FC2 system